FLAT one

お問い合わせ

こんなお悩みありませんか?

  • 点検費用をなるべく安く抑えたい
  • 住人の迷惑にならないように点検したい
  • 信頼できる会社にお願いしたい

実はそれ、ドローンで解決できます!

まずは無料でご相談

点検費用をドローンで安価にしたい

点検費用をなるべく安く抑えたい
ドローンによる点検では少人数で効率的に作業を行えるため足場や特殊車両の必要がなく、コストカットに繋がります。また、作業日数も大幅に減らすことが可能です。

ドローンで住民の迷惑にならないように点検したい

住人の迷惑にならないように点検したい
ドローンを使用することで、作業員は地上から点検を行うことができるので高所作業等の危険がなく、点検用の足場を設置することもないので住人のプライバシーにも配慮。また、場合によっては人体に影響を及ぼす有害物質がある環境下でも点検することが可能です。

信頼できるドローンの会社にお願いしたい

信頼できる会社にお願いしたい
弊社では、目に見えない劣化を見つける「赤外線カメラによる解析」、高解像度のカメラによる目視での「可視光調査」、従来の「打診調査」の3つの手法を併用することで精度を高めています。

ドローン活用の
メリット

  • ドローンでコスト削減
    コスト削減
    足場やゴンドラを設置せず点検を行うため、設置費用や人件費を削減できます。
  • 赤外線カメラによる異常箇所の可視化
    異常箇所を可視化
    高解像度カメラと赤外線カメラで撮影した異常箇所の画像を付けた報告書をご提出いたします。
  • ドローンで時間短縮
    時間短縮
    現場での撮影調査は一日で終了!後日画像解析した報告書をご提出いたします。
  • ドローンによる調査でダメージ軽減
    ダメージ軽減
    足場やゴンドラを設置する際の壁の穴空け等が不要になります。

※地域や周辺環境によっては調査ができない場合がございます。

※建物の大きさや天候、環境によっては調査終了までに数日かかる場合がございます。

定期報告制度における外壁タイル等の調査について

外装仕上げ材等におけるタイル、石貼り等(乾式工法によるものを除く。)、モルタル等の劣化および損傷の状況の調査については、平成20年国土交通省告示第28 2号において、おおむね6ヶ月から3年以内に手の届く範囲の打診等に加え、おおむね10年に一度、落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分の全面的な打診等を行うこととされています。

これらの調査方法について、令和4年1月18日で平成20年国土交通省告示第282号を一部改正し、打診以外の調査方法として、無人航空機による赤外線調査が、テストハンマーによる打診と同等以上の精度を有するものとして明確化しました。

調査可能項目

  • 特定建築物定期調査
  • 大規模修繕工事事前調査
  • 戸建て劣化調査
  • 漏水調査
  • 瑕疵調査

調査方法の比較

弊社ドローン調査 従来の調査
料金
安全性
正確性
作業スピード

タップで表示を切り替え

  • 料金
  • 安全性
  • 正確性
  • 作業スピード
  • 料金
  • 安全性
  • 正確性
  • 作業スピード

無料でお見積り

ご依頼までの流れ

  • 01
    お問い合わせ・ご相談
    当サイトでは、お問い合わせフォームをご用意しております。そちらよりお問い合わせ内容をご記入いただき、送信してください。必要な情報をご入力いただければ、迅速かつ正確な対応をさせていただきます。
    ドローン調査のご相談
  • 02
    ヒアリング・事前調査
    お問い合わせ内容に基づき、お客様のご要望の検査内容を確認させていただいた上で、検査計画を作成させていただきます。 場所や内容に応じて、まずは現地での事前調査をさせていただきます。
    ドローンで点検が可能か事前調査
  • 03
    お見積り
    事前調査とヒアリングの結果を踏まえ、お見積りをご提供いたします。お客様のご要望に合わせた適切なプランをご提案いたしますので、是非ご検討ください。
    ドローン調査のお見積り
  • 04
    調査・検査の実施
    お見積りの承認をいただいた後、調査や検査を実施いたします。専門知識を持つスタッフが迅速かつ丁寧に作業を進めますので、ご安心ください。
    Matrice 350 RTK
  • 05
    報告書作成
    調査や検査の結果を基に、報告書を作成いたします。詳細な内容や結果をわかりやすく記載し、ご提出させていただきます。
    ドローン調査報告書